Dr.Sasagawa

■矯正治療中に、結婚しました!

 

結婚式では、歯並びを気にすることなく、思いっきり楽しむことができたし、思いっきり笑顔になることができました。

 

治療中の2010年9月の来院時に、2011年2月に結婚が決まったと患者さんから報告があったため、結婚式の際に装置を外すか、 そのままでいいのかを確認したところ、矯正装置を外すことを希望したため2月に来院時に装置を撤去することを決定。 ただし装置を撤去したままだと、短期間でも歯が移動してしまうため、ずれないように抑えておく装置(保定装置)が必要になることを説明。

 

 

(結婚式が終わって、現在は再び装置を付けて、矯正治療を続けています。)


Dr.Sasagawa
■患者様に今回の治療について感想をお聞きしました

 

Q1.矯正治療開始前に矯正治療の説明を受け、歯に装置を装着することに関して、抵抗はありましたか?

説明を受ける前は、やはり抵抗はありましたが、説明を受けてからは、さほど抵抗はありませんでした。

 

Q2.実際に、矯正装置 (ブラケット)を装着した際に感じたこと(見た目、痛み等)を教えて下さい。

正直、あまり気にならないなと思いました。痛みも、思っていたほどなかったので、ほっとしました。

 

Q3.装置装着後の家族、友人、職場の同僚の方の反応はどうでしたか?

さほど気にならなかったようで、こちらから言わないと、気付かない人もいた位でした。 自分でもあまり気にならないなと思っていましたが、それ以上に気にならなかったようです。

 

Q4.今回、矯正治療途中でご結婚が決まり、結婚式の直前に一時的に装置をはずしました。 装置をはずして、結婚式をされた際の気持を教えて下さい。

装置を外せてよかったなと思いました。そして矯正をして本当によかったなと思いました。 歯並びを気にすることなく、思いっきり楽しむことができたし、思いっきり笑顔になることが出来ました。

 

Q5.まだ治療は終了していませんが、矯正治療に対する意見がありましたら、教えて下さい。

最初はやはり不安のほうが大きかったですが、今は本当に安心して治療しています。 つらいという気持ちより、楽しいという気持ちの方が大きいです。

 

(※ 患者様の治療に対する感想、痛みの感じ方は、個々で違います。すべての方がこのように感じるわけではありません。)